Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

国母選手と女子高生

 バンクーバー・オリンピックで、話題になったスノーボードの国母選手。
21歳の彼が、入場行進のさい、服をきっちりと着ていなかったことが問題であったらしい。
国母選手は、21歳という若さだが、前回のオリンピックにも出場しており、国際経験は豊富だ。その彼が、国際ルールに違反するようなことをするとはおもえない。スノーボードの世界では、ああいう着こなしや、試合前に音楽でモチベーションを高揚させたりするのは、普通のことではないのか?スケートボードやスノーボードは、もともと遊びのなかから生まれたものだ。そのような遊びが、若者の文化をうみ、あたらしい音楽や服装のパフォーマンスを形成してきた。スノーボードというものがそういうものだというのがわかっていて、あとから、オリンピック種目に入れてきたのではないか。高校野球とは違うのだ(スポーツマンシップを声高に叫ぶ高校球児のほうが、よく事件を起こしている)。
 成人した大人であり、しかも、スノーボードの世界では第一人者の国母選手にたいして、法規にも違反していないことで、とやかく騒ぐことはとても失礼な気がしてならない。

 それより、問題なのは、こっちのほうではないか!
 渋谷や新宿ではない・・・・

女子高生111

 このような格好をした女子高生が、ヨーロッパを闊歩している。
 今年のヨーロッパは寒波が襲っている。あっちこっちで、気温はマイナスとなり、南部でも大雪に見舞われている。そんな中、ルーズソックスに超短くたくし上げられたスカート、茶髪のわが日本人女子高生たちが、ヨーロッパの街なかを、渋谷か新宿でも歩くように闊歩している。
 その姿は、とても異常に映る。
容姿の異常さだけではなく、極寒に、まるでスッパダカでいるように見える。
パリのモンマルトルの娼婦(男娼?)でさえ、厚手のストッキングを履いているのに!
 修学旅行生なのかどうか、わからないが、未成年なのは確かだろう!
こんな未成年に、このような格好のまま、ヨーロッパへ行かせた、いや、連れて行った大人たちのほうが、国母選手よりよっぽど問題ではないかと思うのだが・・・・・



tb: 0 |  cm: 1
go page top

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| #
2014/06/23 22:19 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/301-a145c2c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。