Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

アヤ・ソフィアとサン・ピエトロ

『パタゴニア』『ソングライン』で有名な今は亡き旅行作家ブルース・チャトウィンが、最も敬愛した旅人はロバート・バイロンだった。
『オクシアーナへの道』
『ビザンティンの業績』

『どうして僕はこんなところに』ブルース・チャトウィンより

25歳で書いた『ビザンティンの業績』においてすでに、彼はたったの4行で西方教会と東方教会の分裂について見事に書き表している。もっったいぶった大著何冊にも勝るとも劣らぬほどである。



 アヤ・ソフィア大聖堂の存在は空気のようである。
サン・ピエトロ寺院はこちらを圧倒するほど実在的である。





一方は神の教会であり、他方は神に仕える者たちのサロンだ。
一つは現実に捧げられ、もう片方は幻想に捧げられている。






アヤ・ソフィア大聖堂は実際、大きい。
サン・ピエトロ寺院は卑しく悲しいほど小さい。






tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/290-cadce2fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。