Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

ジャルパック JALPAK

 日本航空が、経営破綻した。
それにともなって、JALのグループの行方が気になってくる。

 旅行業でいえば、JALグループは全部で6社あるようだ。
ジャルパック、ジャルセールス、ジャルセールス北海道、ジャルセールス西日本、ジャルセールス九州、ジャルツアーズ。
この6社は、JAL破綻後の事業継続にはまったく問題ないということを日本旅行業協会(JATA)へ伝えたらしい。
*トラベルビジョン ジャルパックなど、事業継続を強調-IATAも信用不安払拭ねらう

しかし、ほんとうに大丈夫なのだろうか?
とくに、海外しか扱わないジャルパックはやっていけるのだろうか。
世界の翼!JALに依存することで知名度を上げお客様を集客してきたのではないのか。そのプライドは並々ならぬものがあったではないか!我こそはJALPAK!といつも偉そうにしていたではないか!それがJALの路線は縮小整理されてしまう。何十年も続く優越意識を捨て去ることが果たしてできるのか。


そして、JALの冠の下で胡坐をかき続けてしまった社員たちの能力は、当然のごとく低い。
このプライドだけ高い社員たちが、他の旅行業者とどのように競おうとするのだろうか。もうJALの鶴のマークは、JALPAKにとってセーフティネットではないにちがいない。きっと、また旅行業界の大好きな経営戦略!・・・・そう!リストラしか持っていないのではないだろうか。JALPAKはかなり退職者や早期定年を募っていると聞く。専属の添乗員は仕事がなく専属を解雇されている。専属にするときはとても高飛車な態度であったがこうなるといとも簡単に解雇するようだ。

*トラベルビジョン 「JALパック」ブランド復活へ-顧客目線を強化で取扱人数1割増めざす
JALパックという昔使っていたブランド名を復活させるらしい。これ、大丈夫なのだろうか!
心機一転ということなのか。懐古主義に走ったのか。プライドだけは持っていたいのだろうか。
第一ブランドだった「アイル」は、「JALパック セレクション」になるらしい。第二ブランドだった「アヴァ」は、ただ「JALパック」と呼ばれるようだ。
ここ数年は、ジャルパックらしくないといわれた第二ブランド「アヴァ」しか売れていなかった。「アヴァ」は、阪急のトラピックスやクラブツーリズムと匹敵するぐらいの格安商品だ。「アイル」と「アヴァ」では天と地ほど品質が違うのだ。よくJALPAKの添乗員らに、「JALPAKの添乗員なんてすごいね!」というと、「でも、アヴァだから・・・・」と恥ずかしそうに答えていたものだ。ジャルパックだから安心と「アヴァ」に申し込んだ客の中には、騙された!と思った者がけっこういたことだろう・・・・・この「アヴァ」を今年の4月からは、「JALパック」と呼ぶらしい!
往年の最高級ブランド名「JALパック」をついに「アヴァ」に付けたのだ。

こうなると、「JALパック」という格安ツアーにどこまでプライドを棄てて下品になれるかが社員や添乗員には求められてくるのではないだろうか。果たしてそれができるだろうか。
何年後かに、あのときJALPAKも整理しておけばよかった、などと言われないことを祈りたい。


ちなみに、ジャルパックの年間取扱額を他社と比べてみたい。
海外における取扱額のみ。
旅行会社にとって、最大の落込みは、2003年(イラク戦争、SARS、鳥インフルエンザなど)と2008年(リーマンショックなど)であるので、この年間取扱額を比べてみる。

取扱額1位(単独)は、エイチ・アイ・エス(HIS)
2003年4月~2004年3月まで 174,256,883,000円
2008年4月~2009年3月まで 305,790,067,000円

取扱額2位、JTBワールドバケーションズ(ルックJTB)
2003年4月~2004年3月まで 152,625,713,000円
2008年4月~2009年3月まで 238,773,224,000円

阪急交通社
2003年4月~2004年3月まで 163,533,745,000円
2008年4月~2009年3月まで 214,696,893,000円

近畿日本ツーリスト
2003年4月~2004年3月まで 132,202,364,000円
2008年4月~2009年3月まで 162,274,872,000円

日本旅行
2003年4月~2004年3月まで 111,697,471,000円
2008年4月~2009年3月まで 131,235,128,000円

ジャルパック
2003年4月~2004年3月まで  91,795,921,000円
2008年4月~2009年3月まで  82,681,740,000円


ANAセールス
2003年4月~2004年3月まで  35,656,540,000円
2008年4月~2009年3月まで  33,475,431,000円

リーマンショックが100年に一度の景気後退を生み出したといっても、大手各社は、2003年の時より取扱額は多くまだましと言える。だが、ジャルパックを含む航空会社系は、2003年のときより2008年、取扱額が悪くなっている。これは結構なダメージではないのか?
ジャルパックは、このダメージに日本航空の経営破綻が加わったことになる。






tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/278-00928260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。