Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

本末転倒な朝日新聞

以前、読売新聞の勧誘員が「朝日新聞ですが・・・・」と嘘をついて無理やり玄関に入ってきたことがあった。
「読売新聞」といえば最初からドアを開けてもらえないと考えたらしく、そのような嘘までついて少し開いたドアに無理やりに片足を挟んできた。
 テレビの刑事モノに出てくる薬の売人そっくりなニイチャンに不信を抱きながら話しを聞いていると、段々と朝日とは何も関係ないことを暴露しだした。
最後は、「取る気がないなら、開けんじゃねえ!」などと意味不明なことを叫びドアを蹴っ飛ばして出て行った。
さすが、読売新聞!と思った。

 朝日新聞の勧誘員は、比較的いい方が多かった。
だから、昨年3月に購読を止めようと思ったときには9月一杯までの印鑑をだいぶ前についていたらしく仕方なく読み続けることになった。
 その後も何度も「どうにか購読してもらえないか」とやってくる。
先日も、「何でもサービスさせていただきます。洗剤、しょうゆ、珈琲セット・・・・・・、とにかくノルマがありまして・・・本当にきついんです!どうにか、助けてもらえないでしょうか!・・・お願いします。助けてください。・・・お願いしますから・・・」
 こんな感じでやってくる。
この方々に恨みは何もない。朝日新聞を止めたのだってあまりに酷い記事を読む気がしないからである。
だから、「助けてください!」といわれても、どうしようもない。
今の朝日新聞は私にとって最初から古新聞みたいなものなのだ。

 勧誘員のこのような必死な様子を見ていると、朝日新聞は相当大変なのではないだろうか?
朝日には、私と同じような長期の読者が多かっただろうから、今の朝日の転向に読者が耐えられるとは思わない。そこは読売新聞とは違うだろう。読売の読者はとりあえず新聞をとっている人が多い。たくさんプレゼントをくれる新聞社ならそれでいいのだ。

 本末転倒な朝日新聞!
論説委員でもろくでもない記事しか書けないくせに、販売所や勧誘員にハッパばかりかける。
一番給料をもらっている朝日新聞社員らの非ジャーナリズム精神のせいで購読者が離れていっているのに、販売所の営業力がまるで悪いようにハッパをかけている。

 朝日新聞ももうすぐJALのようになる気がする。

*朝日新聞の年収
大手マスコミは、年収ランキングでもほとんど上位だ。
これでは、今のままの大勢をやめられないよなあ~




tb: 0 |  cm: 1
go page top

この記事に対するコメント

走狗

 それぞれの新聞、本当の購読者は 果たして何人いるのでしょう?  公表数字を信じていいのでしょうか? 新聞社も販売店も 購読者数を前提に広告収入を得ていますけど。。 毎朝古紙回収業者へ直行している量も相当あるようです。 テレビもそうですよね!  TVなどは昨日、今日に始まった事ではないから・・
 今週のベストヒットだって ベストヒットにしたからヒットした曲も随分あるのでは??  もちろんある程度質が良くなきゃ話にもならないでしょうけど。  成程・・美人投票と同じ・・と 仕組みそのものを利用する事に思い至ったら
 ちょっとした工夫で世の中の物事は上手く行くものだと思った事でしょう。
 日本人は長い時間を掛けて多様性の欠如を訓練付けられたのかもしれません.。
 それでもそんな我々が選んだ民主党政権を 走狗と成ったマスコミは当にキャァキャァわめく飼い犬のごとく 吠えまくってます。  まさに犬です。

URL | 春雨太郎 #-
2010/01/22 14:44 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/276-4d11da97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。