Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

新型インフルエンザ・ワクチンと読売新聞


 【新型インフル】ワクチン「不足」一転「余る」 1億5300万人分確保

新型インフルエンザのワクチンが完全に余るらしい。
ワクチンの緊急輸入に1000億円以上かかったようだ。
それなのに、かなりのワクチンが余ってしまう。

私は、このことで、ある事件を思い出す。
それは、読売新聞が報じた以下のような記事である。

 12月9日14時44分配信 読売新聞 兵庫県宝塚市の小児科診療所の60歳代の院長が、医療従事者への新型インフルエンザワクチンを、国との委託契約に違反して、孫(6)に2回、接種していたことがわかった。  情報提供を受けた厚生労働省が先月中旬、調査に乗り出したが、院長は、診療所に勤務する薬剤師の妻に接種したと虚偽の報告をしていた。  院長は読売新聞の取材に対し、「ぜんそくの持病を持つ孫の健康が心配で、不正を承知で接種した。医師のモラルに反する行為だった。国にはうその説明をした」などと認め、9日、厚労省に電話でこうした事実を伝えたという。  初回の接種後、孫は有名私立小学校を受験していたが、院長は「受験よりもぜんそくがきつかったのが理由」と釈明している。  ワクチンの接種は、国と委託契約を結んだ医療機関だけが行うことができ、医療従事者、妊婦や基礎疾患がある人、1歳~小学校3年生などの優先順に接種することが義務付けられている。違反があれば、国は契約を解除できる。  同診療所では現在、約300人の予約を受けており、契約が解除されれば、接種できなくなる可能性もある。  院長の説明によると、診療所に初回の医療従事者用ワクチン2瓶(大人4人分)が届いたのは10月20日。看護師4人に接種する計画だったが、院長の判断で同22日夜、診察終了後の誰もいなくなった診療所に孫を来院させ、1瓶を開封してワクチンを接種、余った分は翌日に持ち越せないため、廃棄処分した。  健康な小児(1歳~小3)は免疫がつきにくいため、2回の接種が必要で、11月12日夜に再び孫を呼び、医療従事者用を接種した。  近畿厚生局は複数の情報に基づいて、同月中旬、院長に対し、医療従事者が適正にワクチンを接種したことを証明するため、予診票の提出を要求した。  院長は、孫への接種分は妻に接種したとする虚偽の予診票を新たに作成。さらに、廃棄処分したワクチンを看護師に接種したことにするため、看護師の予診票の日付も、妻と同じ日に改ざんした。


はっきりいえば、この院長のような行為は全国すべての医院がやっていたはずだ。または、やろうとしていたはずだ。
地域に根ざした医療をおこなっている医院にとって、懇意にしている患者などに頼まれて、ダメなどという者がいるのだろうか?私からすればそっちのほうがおかしいのではないかと思う。当然、家族や親戚に頼まれれば、接種してあげるだろう。医者は、医療の専門家だから、そのへんも踏まえて、急を要する患者とのバランスを取りながら、ワクチン接種をおこなうはずだ。
私は、それでいいと思う。
私の順番が遅いとそんなことで怒ろうなどと思わない。

それを読売新聞が上記のような大きな事件にしてしまった。
どうでもいい、こんな事件を、大衆ウケするとでも考えたのか、かなり大きく報じたのだ。
だから、厚生局が動き始めてしまった。

現場で直接、患者たちと接している医療従事者の裁量に任せればよかったのだ。
上記の読売の報道によって、医療従事者は役所の指導に従うしかなくなった。

そのため、自分の順番が回ってくる前に、皆インフルエンザに罹ってしまった!
新型インフルエンザに罹ったら、もう誰もワクチンを接種しようとは思わない。

そのうちに、このインフルエンザ、そう大したことはないと分かってきた。
最初の騒ぎがバカみたいなインフルエンザだった。
感染力は弱く、同居している家族が感染する確率は他のインフルエンザより低い。
2,3日、高熱は出るが、おとなしくしていれば、大きな心配は必要ない。


読売新聞の目先にエサに飛びつく短絡的な商魂のせいで、1000億円以上のワクチンが無駄になってしまった。


tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/274-8c2577ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。