Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

マスコミ支持率!低下

 2001年の小泉政権以降、まじめに仕事に取り組む者ほど、組織から淘汰されてしまったようだ。
旅行業や添乗員でも、まじめにお客様のことを考える者ほど、上司や会社とぶつかる機会が増えていった。
まるで、マジメなのが悪いとでもいうような雰囲気であった。
終いに、マジメはバカと嘲笑されているようであった。
会社や自分の利益のためなら、人を騙したり嘘をついたりする行為が、逆に賞賛されるようになった。
「偽善者」が「できる人間」と呼ばれ、「疫病神」が「勝ち組」となった。
 
 小学校、中学校でも、そういう人間の育成に励み出した。
ディベートや自己アピールの得意な計算高いガキほど、優等生と呼ばれるようになった。
そういう生徒が、世間知らずの学校の先生を騙すことなどわけなかった。
えこ贔屓な先生は、自分は「できる人間」と勘違いしたガキに当然のごとくあまい内申点をつけた。
 その証拠を探すのなら、今のエリートと呼ばれる中高校へ行ってみればいい。
以前であれば、エリートであればそれなりの道徳観も付随していた。みないい顔をしていた。今、生徒の学校名を聞いて、「エッ!」と驚くような顔が多い。頭脳と道徳が反比例してしまったかのようだ。それは、明らかに顔に出ているのではないか!

 「勤勉」はバカそのもののように言った堀江貴文は、たしかに頭がいいのであろう。
ただ、ほとんどの日本人は、「勤勉」しかとりえのない普通の人だ。その延長線上に、頭のいいエリートは存在するのだと思っていた。少なくとも根底の部分では同じ道徳観を共有していると思っていた。
それが今、エリートは自分の頭のよさを強欲と結ぶつけて考えないと損とでもいうように、物欲に走り出した。精神的栄誉などは、苦労して勉強した成果とは呼べないようだ。
 良心の崩壊した人間の顔は本当に醜い。殺人者のほうがまだマシである。


 そんな世の中を変えてほしいと政権交代が行われた。
私のまわりには、これが、最後の選択肢のように祈るような気持ちで投票した者が多い。
コンクリートから人へ・・・・
とことん壊したものを元に戻すのは、ほんとうに大変だと思う。
紆余曲折、いろんな障害があるとは思うがどうにか頑張ってほしい!
 なのに、なぜマスコミは、政権発足当初から足を引っ張るようなことばかりするのか!とても不思議である。
 最近はあきらかに故意で報道しているのだなあ!と確信している。
 強欲者と利害を一致した内容しか報道できないのが、現在のマスコミらしい。
最近では、評論家だけではなく、お笑いタレントまで使って、かなりアカラサマなヤラセをする。

 第二次世界大戦当時の報道は政府が関与した大政翼賛会であったが、現在はその政府よりマスコミ自体が独自政権のごとく振舞っているように感じる。
 どこの強欲者と手を取り合っているのか、または、ポチのようにエサをもらっているのか、または、恐喝されているのか・・・・・

 最近、あのノリピーの事件は何だったんだろう?と思うことがある。
あんなどうでもいい事件を何度も何度も取り上げて・・・・
彼女は、芸能界のスケープゴートだったのか?
ネットでは、押尾事件のスケープゴートのように言われているが、ほんとうは、芸能界おいてはマスコミへの見せしめだったのではないかと疑いたくなる。
 言うこと聞かないと、誰かしょっ引くぞ!というような。
 芸能界とヤクザとの関係!は、親子以上だろう!そして、昔から芸能人とドラックは切っても切れない関係ではないのか!
 今さら大騒ぎすることなのか!

 それより、情報公開、情報の透明化されることを一番恐れている省庁こそ、警察と検察なのではないだろうか。
これほど、秘密主義で、前近代的な機関はないのではないか。
 民主党の政策とこれほど相容れない組織はないのではないだろうか!
 マスコミをハンドラーズする目的で、ノリピーを見せしめにしたのではないのか! 

 マスコミ支持率!というのがあれば、確実に低下してるに違いない。




tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/260-f3819e27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。