Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

バンコク~カンボジア(シェムリアップ)の国境ツアーバス

バンコク~カンボジア(シエムリアップ)のツアーバスについて

よく知り合いに、「バンコクからカンボジアへのバスを予約したんだけど、本当に安いね!」
といわれる。
今は、このツアーバスの予約が日本でも取れるらしい。
このツアーバスは、外国人バックパッカー向けに、バンコクのカオサン通り(安宿街)にある旅行会社が始めたものだ。よって、バスの発着地はカオサン近辺になる。料金は、旅行代理店によって、多少の違いがあるが、だいたい300バーツ前後(約1000円)ではないだろうか。
本当に安い。時間はかかるが、1000円で国境を越えてタイからアンコールワットの町シエムリアップまで行けるのだ。
無銭旅行者にとっては魅力だろう!

ただ、普通ならなんでこんな安いんだ!と疑問がわく。
いくら、タイが物価が安いといっても、この金額は論外だ!

この安さには、やはり、からくりがある。
まさか、これだけ乗客の多いツアーバスにからくりなど仕掛けがあると思ってないから後でトラブルになる。
これから、出発される旅行者は、そのからくりに注意してほしい。
そのからくりさえ注意できれば、きっと満足なカンボジア滞在になるはずだ。


 カオサン通りの各旅行代理店が集めたお客さんを係員がピックアップし、大型バスで朝9時ころに出発する。バスには、運転手ほか数人のガイド、アシスタントらしきタイ人が乗っており、そのへんから、「こんな安い金額でこんなに係員つけちゃって大丈夫なのかなあ」という気がわく。
ここからタイの国境の町アランヤプラテートまでが結構長い。約4,5時間ぐらいかかり、アランヤプラテートの市街のレストランにバスは到着する。

*ここで昼食の時間になる(このレストランとツアー会社が契約している)
特別値段の高いお店ではないので、ここで食事してもいいと思う。もし、不満なら、近くのほかの店に行くか、食事をしなくても問題ない。ただ、この店が、カンボジアビザの代理店も兼ねているようで、あんまりこの店から離れないほうがいいかもしれない。

*このカンボジアビザが問題だ。
普通国境の窓口でビザの手続きをすると、20USドルだが、この係員に代行を頼むと30USドルかかる。10ドルの代行手数料(ピンハネ)を取る。そして、このツアーバスの場合、この係員に頼まざる負えない。もし、この10ドルを払いたくないのであれば、日本のカンボジア大使館で取得していったほうがいいが、カンボジア大使館の場合、まだ、1年前のレートを日本円に換算しているので、料金が2800円と20ドル分としては高い。バンコク滞在時間があるのなら、バンコクのカンボジア大使館で取得する手もある。顔写真は必ず必要で、原則4.5×3.5センチだが、小さくても大きくても全く気にしてないようだ。
在日カンボジア大使館
そして、食後、再びバスにて国境近くまで行き、そこから歩いてタイの出国、カンボジアの入国をすることになる。各出入国カードは、それぞれの国境オフィスで記入することになる。

*カンボジアに入国すると、再びツアーバスの係員が、両替の案内にくる。
「カンボジアでは現地通貨=リアルがないと買い物できないよ!いいレートのところを知っている」といって、入国の済んだ乗客から案内してくれる。
誰もが、カンボジアの通貨がないとこれからすぐ困るのではないか、思う。この後、カンボジアで夕食、ホテル代とか、とそう両替するところはないのではないか、と思う。
そして、ここが彼らの一番の儲けどころになるのだ!!
絶対に両替してはいけない
私たちがこれから行こうとしているシエムリアップの現地通貨は、USドルだ!
雑貨店からホテルまで、すべてが、ドル表示なのだ。おつりもドルだ。
確かにカンボジアリアルも使えるが、その場合、再び、ドルからの再両替レートになり、大幅な損害になる。多分、リアルに両替すると、価値が3分1ぐらいになるのではないだろうか。100ドルをリアルに両替すれば、30~40ドルぐらいの利用価値しかなくなるということである。両替せず、100ドルのまま持っていれば、それは100ドルとしての価値がある。
だから、絶対に両替してはいけない!!
そのかわり、USドルの小紙幣を含めて持参することをお勧めする。
もし、現地でドル紙幣がなくなったら、シエムリアップのATMからクレジットカードを持っていれば簡単に引き出せる。その日の公定レートで、出てくるお金もドルだ。

カンボジア入国後、国境のバスターミナルでバスをチェンジする。このあとは、オフロードになるので、少し小型のバンに乗り換える。これが、結構最悪の乗り心地だ。
図体の大きな白人と一緒に押し込められて、埃にまみれ、熱風と汗とで車内は異様な臭いが充満する。

*途中、お土産やと夕食のレストランに立ち寄る(ここもツアーバス会社と契約している)
もうほとんどの人が食欲がなくなっている。

そして、夜の10時過ぎにシエムリアップに到着する。
私からすれば、わざと夜10時すぎまで引っ張ったのかな!という気がする。
実際はもっと、早く到着できたのではないかと思うが・・・・・・

*それは、バスは直接、シエムリアップ郊外のゲストハウスに横付けされるからだ。
夜10時過ぎに、真っ暗な道で下ろされたら、目の前のゲストハウスに入るしかないだろう!
ほとんどの乗客が、疲れきった表情で、勝手にホテル内に運ばれた荷物にうながされるように、このホテルにチェックインする。
ただ、悪いゲストハウスではない。料金もバックパッカー向きの低料金で、清潔、親切ではあるのだ。
このゲストハウスとツアーバス会社が契約していることは確かなので、それが否なら、真っ暗な夜道を荷物を背負って、近くの大通りまで歩くしかない。
そこで、暇そうに流してるタクシーを捕まえて目的のホテルへ向かおう。
(カンボジアビザの高額手数料や両替手数料のことを考えるとこれは完全な詐欺だろうと思う。詐欺をする旅行会社の斡旋する宿泊所など信じられないので、やはり、早めに退散したほうがいいと私は思う)
そして、長く滞在できるのなら、次の日にでももっと利便のいい他のゲストハウスに移動すればいい。
明朝少し出歩くとすぐ小奇麗なゲストハウスがいつくても見つかる。そこの予約をとって宿を移せばいい。滞在期間が数日と限度があるのであれば、もうここの宿に腰をすえて、次の日のアンコールワットの日本語ガイド付きツアーなどに申し込むしかない。その際、よく料金をガイドブックなどで確認して納得の上申し込もう。

バックパッカーの場合、やはり、小額といえども、だまされた気になることも多いと思う。
なかなか 「まあ、いいよ!それぐらい」という気にならないと思う。
是非、上記を参考にして、うまくこのツアーバスを利用してほしい。

下記のHPはすごく参考になります。
Overland Border Crossings

・さすがに帰りにあのツアーバスに乗るのにめげた場合
タクシーでカンボジア国境まで行くことが可能だ。
バンに比べたら、間違いなく快適で早いだろう。料金は、大体30~40ドルとかなり高いが、3~4人で共有すれば、そんなに出費は感じないはず。
朝9時前に出発すれば、昼ころには、国境に到着する。
ゆっくりと出国、入国、昼食でも食べて、タクシーかトックトック(約100バーツ)でアランヤプラテート駅へ行き、13:55始発のバンコクゆきに乗る。料金は48バーツ。19:55バンコクのファランポン駅に到着する。
ただ、カオサン周辺に宿泊するんなら、ツアーバスのほうが楽かな~!




tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/25-b109e055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。