Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

添乗員と英語

 添乗員にとって、英語は必衰の道具のようにいわれている。
けれども、実際、流暢な英語を喋る海外添乗員はそんなにいない。
それほどうまく外国語を操れるのであれば、まず、添乗員などという非能率的な仕事は選ばないかもしれない。
私も、英語にまったく自信がない。英語どころか日本語でさえ、とっさに頭に浮かんでこないことが多い。
添乗員の場合、英語に自信がないからこの仕事を従事しているという輩も多い。
海外で、英語を使う場面があるといっても、空港やホテルやレストランなど、限られた観光英語で済む。それ以外、トラブルなどで会話する場合は、理解できなければ何度か聞き返すことが可能だ。だから、通訳者のような能力まで必要ないわけだ。
ただ、ヨーロッパなどで英語ガイドがつく場合、「添乗員は通訳ではないから完訳しなくていい」と旅行会社はいうが、英語ガイドの言っていることの解らないお客からすれば、当然のごとく添乗員が通訳すると思うだろう。
これが本当に困る。(法的にも添乗業務ではない)
ハッキリいって、これを通訳と呼ぶのではないか!
しっかりと通訳の勉強をしていなければ、この現地観光には、100%対応することは難しいだろう。
ここで、お客からクレームをもらえば、旅行会社は「あんた!英語できないの?」とか言われて、仕事と収入に影響してくること必死だ。


欧米であれば、現地スタッフがしっかりとランク分けしてある。
現地アシスタント
現地ガイド
通訳
とでは、立場も賃金も違うのである。

現地アシスタントは、空港、ホテル、レストランまでの送迎などが主な役回りで、その際のバス車内で現地案内をする程度である。観光地内の案内までは行わない。
現地ガイドは、観光時間内での案内、説明である。
もし、工場見学などが含まれていて、その場で通訳が必要であるという場合でも、旅行会社が現地ガイドのみで手配したのなら、その現地ガイドは絶対に通訳をしない。たとえ、その現地ガイドが通訳可能な能力を持っていたとしても、手配が異なれば、契約分の仕事しかしないのである。
賃金が全然違うのである。
よく、旅行会社は、安易に、これぐらいのことなら、通訳まで頼むほどではなく、現地ガイドで十分だ!とか言うが、この発想のおかげで、私などは何度もえらい目にあった!

こんなような発想だから、「添乗員は通訳ではありません」とお客にいいながら、実際は、観光地で通訳業務をやらせ、その業務が不十分なら、「あれやこれや」と文句をつける。
そして、通訳ではないのだから!と別途収入がアップすることもない。
(欧米の場合、現地ガイドと通訳とでは、時給で3倍以上ちがうはずだ)


私は、現地英語ガイドの添乗員通訳を全面的に禁止すればいいと思っている。
そうすれば、お客もこの仕事は添乗員の業務ではないのだと理解するだろう。
お客は、英会話ができるのと通訳とを同次元の能力だと思ってる節がある。
これは、かなり違う能力だ。
あのNHK『クローズアップ現代』のキャスター、国谷裕子さんでさえ、仕事で英語を使う不安から、通訳学校へ通って技術を修得したぐらいである(幼年期、大学と海外)。

国谷裕子



添乗員にとって、英語は一つのビジネスツールであればいいと思う。
英語だけの技術を競う仕事ではない。
(TOEFL、TOEICの高得点者が添乗員として不適格だった例は過去に数多あるだろう!)
添乗員は、いろんなビジネスツールの引き出しを持っていて、それを出し入れしながら、お客に(海外)旅行のエッセンス注入していけばいいのではないだろうか。






tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/210-4a368da1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。