Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

グローバルユースビューロー

 グローバルユースビューローという旅行会社がある。
それほど大きな旅行会社ではないが、ヨーロッパツアーの老舗として評判のいい会社であった。
旅行価格はそれなりに高いが、それに見合う品質を提供しているとお客からも添乗員からも評判が良かった。添乗員を志す者にとって、グローバルユースビューローの専属添乗員になるということは、ひとつの憧れであり、誇りでもあった。

 それが最近、富に評判が悪くなった。
この中堅クラスの旅行会社が、経済至上主義のなかで、行き場を失ったのは察するところだ。
格差社会のなかで、上にも、下にも行けないジレンマを感じていたんだと思う。
そうこうするうちに、旅行業全体のボリュームが落ち、売上げの伸ばすために、禁断の実に手をつけてしまった。
ツアーの品質を下げて、その分、ユーラシア旅行社のような、コストのかからない添乗員の過剰サービスで対応しようと考えたのではないだろうか。
こういうことをすれば、グローバルユースに対して抱いていた社員のプライドは見る見るうちに低下していく。それは社員および関係者の質とモチベーションの低下へとつながって行くのだ。そして、今までのリピーターは離れていく。

 先日あるランド(ツアーオペレーター)からこんな話しを聞いた。
「グローバルは大丈夫だろうか。手配代金の入金期日を守らないんで困ってるんだよ」
ランドにとって、旅行会社が入金してくれないと、仕入れに大きな影響を及ぼす。一般的に支払い期日を遜守しないということは、企業倫理からすれば、信じられない行為であるはずだ。
この信じられない行為は、旅行業界ではそう珍しいことではなかった。
「つい、忘れちゃって・・・・!悪い、悪い・・・」
などと笑いながら、済まされてしまう。
だからこそ、平成16年の下請法の改正で、遅延することなく期日までに支払うよう厳しい行政指導がおこなわれたのである。
行政指導後も、なかなか直らない旅行会社のこの悪習に、ランド(ツアーオペレータ-)はほどほど困っている。
その旅行会社のひとつが、グローバルユースビューローである。

こんな行為を繰り返しているから、変な噂が囁かれてしまうのではないか・・・・

「グローバルは大丈夫なのか?」
「グローバルは、危険な状態ではないのか?」
「グローバルは秒読みに入ったらしいよ」

添乗員派遣会社もグローバルには手を焼いていた。
旅行会社で入金期日を守らないのは、グローバルユースビューローだけ!
ほんとうに、困ってしまう!
派遣会社は、旅行会社が期日を守らないと添乗員への支払いができないのだ。
旅行会社が支払ったお金が、派遣会社の口座でコミッションが抜かれて、最終的に、登録している添乗員の口座へ流れていくのである。
最初の入口に何も注がれなければ、当然、最後の出口付近は、乾燥して鱗状に干からびてしまう!

会長の古木康太郎氏は、(社)日本旅行業協会(JATA)の副会長、(社)日本ツアーコンダクター協会の理事を務める。
しかも、JATAの法制委員会の委員長である!
さすが、旅行業界(怪)!といいたい・・・・・・・・・・


tb: 0 |  cm: 1
go page top

この記事に対するコメント

No title

はじめまして。
最近、以前すごく良い評判を聞いていたグローバルのツアーに初めて参加をしました。
が、大変に残念な内容で、添乗員さん、ガイドさんともにレベルが低くお金をどぶに捨てた気分になりながら帰国しました。
帰国後、こんな内容で本当に評判良いの??と疑問でいっぱいでしたが、評判が良かったのは以前のことなのですね。
料金が高い分、他の参加者の方々の客層は良く、そういった意味では快適でしたが、肝心の旅の内容がひどくて二度と参加しません。
高品質の旅を提供するツアーがなくて残念です。

URL | None #5jYE.wrM
2010/01/09 08:32 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/202-c38f2580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。