Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

スーツケースの選び方

 スーツケースの選び方

 海外旅行には、スーツケースを持っていく。
それが、ずーっと常識になってきた。特に日本人は、旅行カバン会社の宣伝が行届いたのか、サムソナイトやエースのカードカバーのいかにも頑丈そうなスーツケースを汗水たらして引きずっている。
それに比べて、外国人は、みな、それぞれ違う。カードカバーのスーツケースは滅多に見かけない。


個人旅行で、自分であちこち移動するのであれば、スーツケースほど不便なものはない。
外国の道路の舗装状態はけっこう悪いので、スーツケースを転がして歩くのには適さないし、だからといって、持ち歩くわけにはいかない。それでは、タクシーにでも、と思っても、日本人のハードカバーのスーツケースは、タクシーのトランクにも入らず、後方シートを全部占領して積み込むしかなかったりする。列車に乗るにしても、荷物置場がある列車ならいいが、それがないようなローカル線であれば、他の乗客の邪魔になる。
だから、個人旅行は、スーツケースではなく、ボストンバック風かバックパック仕様がいいと思う。


ただ、旅行会社のパックツアーに参加するのなら、スーツケースでいい。
それは、ほとんど自分でスーツケースを持ち運ばないからである。
通常、お客自身が、スーツケースを持ち運ばなければならない箇所は、
自宅~空港間、
(ここも宅配会社に頼めば、空港出発階の受取り店舗まで配送してくれるので、お客自身が持ち運ぶのは、受取り店舗から受付もしくは航空券チェックインカウンターまでの数十メートルとなる)、
現地では、
空港のターンテーブルから荷物を引きずりだしてバスまで、
ホテルに着いたら、バスドライバーから荷物を受取って自分の部屋まで、
(こちらもヨーロッパであれば、空港とホテルにてポーターを手配するので、彼らが運んでくれることが多い)、
だけである。

こうみていくと、ほとんど、ホテルの自室以外、お客がスーツケースに触れる機会がないことがわかるだろう。
だから、持ち運びにくくても、とても荷物をまとめやすいスーツケースでいいということになる。




 スーツケースを購入すると決めたら、まず最初に考えることは、
カバーをハードかソフトか、どちらにするかである。

ハードカバーハードカバー

ソフトカバーソフトカバー

以前は、断トツにハードカバーが重かった。
大型サイズのハードカバー・スーツケースで、8、9キロぐらいの重量が以前はあったのではないだろうか。エコノミークラスの無料許容重量は、20キロなので、中身は、10キロ少々しか入れられないことになる。現地でお土産でも買おうものなら、すぐ重量オーバーになってしまう。何年か前までなら、多少オーバーしても、団体ツアーの場合、スーツケースの重量を団体の総計算(プール計算)してくれたのだが、今のように、団体でもそれぞれ個人でチェックインしなければならなくなってしまっては、スーツケースも個人で量られてしまう。こうなると、なるべく、スーツケースも軽いほうがいい。そのことを考えて購入すべきで、今は、材質が進化したのか、ハードカバーのスーツケースでも、ソフトカバーと同じ重さのものが出てきている。大型サイズで6キロ前後まできている。

例:JALの超過荷物の料金(エコノミークラス20キロを超えた場合
2.米国(グアムを含む)、カナダ、メキシコ、ブラジル以外の発着便(ヨーロッパ、アジアなど)について
お預かりする手荷物重量が無料手荷物許容量を超えた場合、超過した重量1kg(2.2ポンド)当り、超過手荷物切符の発行日に有効な最も高額のエコノミークラス普通大人直行通し片道運賃(日本発で普通運賃に2種類ある場合は高額な方の運賃)の1.5%をいただきます。

たとえば、7月28日発 東京~フランス・パリのエコノミークラス普通運賃(往復)760000円
片道:380000円×0.015=5700円
もし5キロオーバーすれば、28500円を支払わなくてはならない。


 
ハードカバーとソフトカバーの違いは、重量だけではない。
ハードカバーの利点は、見た目安全性が高いように見える。
雨など、水液がついても大丈夫。
鍵が丈夫か(ソフトカバーの鍵は、カバー〈チャック式〉の問題で、簡易なものが多い)

ソフトカバーの利点は、カバーがソフトなので、かさばる荷物でも簡単に入る(多少、変形にも柔軟に対応してくれる。)
カバーの外側にも小さなポケットが付いていることが多い(小物が入る。)
あまり傷つくことがない(空港・駅やホテルのポーターは、スーツケースを放り投げたりしているので、ハードは傷や変形を負いやすい。)
今は、ソフトカバーでもかなり丈夫にできているので、ハードより壊れやすいのでは、という心配はほとんど無用だと思う。


次に、型だが、ほとんどのスーツケースは、底辺に4個のキャスター、取っ手がサイドとトップの2箇所、そして伸縮ハンドルが付いている。
ハンドルについては、それほど重要だとは思わない。
長い時間、スーツケースを運ぶのなら、ハンドルで引っ張ることも一つの方法だと思うが、先ほど言ったように、パックツアーの場合、お客が持ち運ぶのは、主に空港とホテルである。その際は、引っ張るより押すほうがどちらかといえば楽である。
だから、重要なのは、底の4つのキャスターがしっかりとしているかである。そのキャスターに注意を払っているスーツケースを選ぶことだ。
 ハンドルは最近の流行なのか、ほとんどのスーツケースに付属しているように思えるが、ハンドルの重量だけでもけっこうなものである。また、ハンドルの引き込みスペースなどがあり、スーツケースに見た目どおりの荷物量が入らない気がする。

そして、サイズに関してだが、「大は小を兼ねる」で、自分に合った比較的大きなサイズを選んだほうがいい。小旅行だから、小サイズのスーツケースを購入する必要はない。小旅行なのに、大きなスーツケースだと恥ずかしいかな!などと思う必要は全くない。
私は、スーツケースなら、大でいいと思っている。それが嫌なら、ボストンバックを用意したほうがいい(キャリーバックは量も思ったより入らず、持ち運ぶのも不便だったりする。キャリーはやはりキャリーでしか持ちずらい。ちょっと重いが、ボストン風キャリーがいいかもしれない)
自分に合ったスーツケースとは、スーツケースの脇に立ち、トップの取っ手もしくは角に手を置いて、ちょうど押しやすい高さのサイズである。かなり腰をかがめなくては押しづらいのではやめたほうがいい。


鍵について、
現在、アメリカの出入国に関して、スーツケースの鍵は常に開錠していなくてはならない。
つまり、スーツケースを空港にて預けるとき、スーツケースに鍵をかけてはいけないのである。
それにしても、アメリカとは横暴な国である。一方的にそんなことを決めてしまう。他の国では、そのような取り決めはないので、施錠して預けることができる。
まあ、これだけみても、アメリカとは世界で一番危険な国だという証拠になる

しかも、そこで登場する「TSA LOCK」というシステムがある。
お客様から「鍵を開錠して預けるのが不安だ」という声にお応えして、鍵を施錠して預けることができるシステムを考えました!ということである。
TSA LOCKとは、アメリカ国土安全保障省の運輸保安庁 (Transportation Security Administration) より認定を受けた、旅具等に備えられた施錠機構の総称である。
だから、今販売されているスーツケースの多くは、TSA対応と銘打っている。なんかどこかで誰かが儲けているような気がするが、現実と向き合って便利ならそちらを受け入れるしか仕方がない。

鍵を開錠したまま預けることの一番の弊害は、中身が盗まれるというより、鍵が壊れる怖れがあることだ。

TSA lock3

特に、ハードカバーに多い上記のような鍵の場合、鍵を施錠していないと、レバー部分が別な力が加わることによって簡単に上方へ動いてしまう(写真のように)。そのレバーにさらに横から物がぶつかったりすれば、簡単に壊れてしまう。もしかしたら、中身が飛び出すはめになるかもしれない。
ソフトに多い次のような鍵は、チャック式の上カバーなので、鍵をしていないと、何かに引っかかってチャックが開きそうな気がしてならない。

TSA lock1

TSA lock2

よって、やはり、アメリカへ行く予定の方は、TSA LOCKのスーツケースを購入するべきかと思う。


また、よくスーツケースにベルトを巻きつけている人がいる。
あのベルトは、全く必要ない。
以前、お客にこのようにいったら、「目印ですから」と言われたので、それならいいのかもしれないが、スーツケース開封対策のため巻くのであれば、やはり全く必要ないと思う。
あれを巻かなくてもいいようにスーツケースは設計されているのだ。
しっかりと鍵をかけていれば、全く心配いらない。
あれを巻いていると、かえって、いざ急いで出し入れしなくてはならないときに、てんてこ舞いになっているようだ。
また、航空会社へ荷物を預ける際、ロストバゲージやダメージバゲージとなるのは、スーツケース本体のみである。スーツケースに付属してくっついているようなベルトやアジャスト式のキャスターや取っ手は補償の対象とはならない。

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア




tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/136-55fc880f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。