Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

スイスの個人ツアー

スイスの個人ツアーもついでに調べてみた。
たぶん、スイスのように、小さな国の場合、ほとんどの旅行会社が同じようなツアーを組んでいる。
手元にある日本旅行とJTBルックを比べてみた。

JTB『マイセレクト スイス鉄道の旅 アルプスハイライト』
日本旅行『列車の旅 お手軽スイス 8日 』

JTB、日本旅行ともに、8日間のもっともポピュラーなツアーを比べた。
両者とも、個人ツアーなので、移動(列車)は原則、各自でおこなう。
JTBのコースは、日本から1回乗り継ぎでチューリッヒ(1泊)、インターラーケン(2泊)、ツェルマット(2泊)、ジュネーブ(2泊)、そして帰国
日本旅行のコースは、日本から1回乗り継ぎでジュネーブ(2泊)、ツェルマット(2泊)、グリンデルワルド(2泊)、チューリッヒ(1泊)、そして帰国

コースが逆周りになることと、ユングフラウ地方の宿泊地が、JTBが、中都市リゾートのインターラーケンで、日本旅行は山麓のグリンデルワルドという違いだ。
周り方は、JTBのほうが好きだ。また、日本旅行は、最初ジュネーブに2泊、JTBは最後にジュネーブ2泊だ。もし、ベルンやルツェルンに行くのであれば、チューリッヒ~の途中にあるので、最初にあるほうが、ゆとりが持てる。
宿泊地の違いは、グリンデルがやはり山間に近いので、空気もおいしいだろうし、リフレッシュできるんじゃないだろうか。ショッピングをどうしても楽しみたいなら、インターラーケンがいいが、グリンデルに宿泊して、列車でインターラーケンに散策に行ってもいい。すぐ近くだ。

肝心のツアー料金だが、ホテルのカテゴリーを同じで比べてみると(JTBはBグレード、日本旅行はスタンダード)、JTBがなぜか、約5万円以上高い。
食事も両者とも朝食しかついていないし、・・・・・・・OPと書いてあるのを発見!日本旅行が、到着、出発時の送迎がOP(オプション)ということらしい。こちらが、両方つけると、15300円プラスになる。結構な金額なんで、自分たちで、空港からホテルへ、ホテルから空港まで行くことができるのなら、この料金は必要ない。スイスは、雲助タクシーのような悪人はあまりいないので、自分たちで十分対応できるのではないか。
空港もそんなに町から離れてはいない。
JTBは、送迎が料金に組み込まれているので、こちらはどうしようもない。ただ、このOPを足しても、かなり日本旅行のほうが安い。
まだ、何かを見落としてるんだろうか?




・・・・・ありました!

列車のチケットが違うようだ。
JTBが、スイスパス、日本旅行がスイス・フレキシーセーバーパス。どう違うかといえば、スイスパスは、滞在中ずーっと列車を利用できるチケット。
フレキシーセーバーパスは、期日指定チケットで、3日分のみとなる。
両者とも、ユングフラウとゴルナーグラードの登山列車は、割引の別途料金となり、フレキシーセーバーパスはその日は3日のうちにカウントされないらしい。ということは、登山列車に乗る日を2日間と数えれば、あと3日分の列車チケットがあれば、移動は十分と思える。
JTBのような滞在8日分のチケットを十分使いこなすのは大変だ。毎日毎日、列車に乗っていて満足できるのは、列車オタクぐらいだろう。
この時期の一番の楽しみは、やはり歩くことだ。
初級のハイキングコースがたくさんあるので、それほど苦にならず、大自然を闊歩できる。
だから、けっこう高額な登山列車の切符は、現地に着いて、天候などの状況を確認してから購入したらいいと思うが、一応往復で買っておいたほうが無難だ。(ユングフラウで一番多い初心者向けハイキングコースは、Kleine Scheidegg~Grindelwald
だと思うが、グリンデルワルドに宿泊して、ユングフラウの登山列車に乗車する場合、グリンデルワルドから、往復乗車券は、101.40ユーロ、上記のハイキングコースを入れると、
列車は、Grindelwald~Kleine Scheidegg~ユングフラウヨッホ(頂上駅)~Kleine Scheidegg 
そこから麓のグリンデルワルドまでハイキング、この切符は、61.40+41.40=102.80ユーロである。パスをもっていると25%オフ)


前回に、添乗員付きのスイスツアーを検討してみた。
その料金とこの日本旅行の個人ツアー(送迎OP込み)はほとんど同じだ。JTBは高い。
料金を検討してみると、やはり、添乗員付きは安いなあ!と思う。
昼食、夕食もほとんど付いてる。登山列車も付いている。もう一つ、モンブランも付いている。
スイスの場合、団体格安ツアーでも、比較的ゆったりとしているし、無理なショッピングも多くない。

それを考えると、個人か、団体か、迷うところだ・・・・・・・

両親に勧めるなら、団体で十分かな

カップルで行くなら、やはり自由があるほうがいいね・・・・
日本旅行の個人ツアーで十分満足できるでしょう・・・
その際は、ホテルをグレードアップしよう!
友人ならホテルがスタンダードでもいいが、カップルや夫婦、ハネムーンなら、ホテルはすごく重要なパーツだ。ここでケチったら、絶対あとで後悔する!

旅行において、ケチっていいところと絶対ケチっちゃいけないところがある。

tb: 0 |  cm: --
go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/121-5a4bc3a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。