Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

アメリカ独立記念日


今日は、アメリカの独立記念日である。
1776年7月4日、イギリスの13植民地州は、イギリスからの独立を宣言し、アメリカ合衆国となった。

wld1[1]

祭日のこの日は、アメリカ全土で祝賀行事が催されるが、私の一番記憶に残っているのは、1986年の独立記念日だ。

new-york-statue-of-liberty-new-york-city-nyc005[1]

この年は、「自由の女神・100年祭」が催されており、独立記念日の前日は、「自由の女神」の除幕式が盛大におこなわれた。
「自由の女神」は、1886年、フランスから、アメリカ独立のお祝いに送られたものだ。
それから、ちょうど100年後、アメリカ独立宣言からは210年後の1986年、2年前からおこなわれていた化粧直しが終えたこの日、再び美しい姿で、観衆のまえに登場したのだ。
恒例の花火とともに、この美しき「女神」の祝福に、世界中から250隻以上の帆船がハドソン川に集結した。

opsail86[1]


 長期旅行者にとって、ニューヨークはただお金を稼ぐところでしかなかった。
世界最大の都市、ニューヨークには、遊ぶところもたくさんあった。
しかし、遊んでしまったら、アッというまにお金が底を尽きてしまう都市でもあった。
心を鬼にして、日本料理店で働くのだった。
お客のチップを入れると、確か一月2000ドル前後になったと思う。
当時のレートでは、1ドル=240円前後だったと思うが、1986年頃から、一気に円高に加速していき、皆、急いで手持ちのドルを円に交換しようとしていた。
1ドル=240円頃は、まだアメリカで働くうまみはあったが、この頃から、東京がニューヨークにとって変わった。

 すべての人がお金の話をしていた。
どうやったら、より収入がよくなるのか、を話していた。
最初はそれがとてもスリリングで新鮮に思えたが、しだいに、自分が自分でなくなるような、しばらく笑っていない自分に気づくのだ。
それが、ニューヨークだった。
当時、ニューヨークで働いていた長期旅行者の夢は、「南へ」行くことだった。
このお金を持って、南へ行こう!
メキシコ、ブラジル、アルゼンチン・・・・・・
よく、3C1Bなどと云っていた。
美人が多く、食べ物もうまいところ・・・・コロンビア、コスタリカ、チリ、ブラジルが、3C1Bだ!
そこで、南の太陽のもと、派手に遊んでいる自分を夢みて・・・・・・・・・

私にとってのニューヨークは、映画「真夜中のカーボーイ」そのものだった。
テキサスから、大きな夢を抱いて、ニューヨークまでやってきた若者が、どんどん自分を見失い、堕落していく話だ。同じように堕落の中で現実的に生きている男をバカにしていながら、最後は、2人でニューヨークを棄てて南へ下る話だ。


ニルソンの歌もヒットした。

ジョン・ヴォイドとダスティン・ホフマンという好対照のキャラクターが、傷口をなめあいながら、本当の自分を取り戻していく様子がとても切なかった。

この映画には、ドラッグ・パーティの部分がある。
とても有名なシーンで、当時の若者文化を知る上でも、一見の価値がある。
ポップ・カルチャーで有名なアンディ・ウォーホルのファクトリーのスーパースターたちが総出で出演している。

whl_monro[1]

ニューヨークにあるアンディ・ウォーホルのファクトリーは、イーストビレッジにあった。

また、ジョン・ヴォイドというと、私が大好きな女優、アンジェリーナ・ジョリーをおもい出す。

brad-pitt-angelina-jolie-top100-nc[1]

美しく、生き方そのものが尊敬に値するアンジェリーナ・ジョリーの父親が、ジョン・ヴォイドである。
彼女は母親を大事にしない父親が大嫌いであった。
ジョン・ヴォイドは、「真夜中のカーボーイ」を地で行ってしまったようだ。


『1776年7月4日、第2回大陸会議(連合会議)決議 アメリカ合衆国13州の満場一致の宣言』(独立宣言)The unanimous Declaration of the thirteen united States of America

・・・人間はすべて平等に創造され、創造主から他にゆずることのできない諸権利をあたえられており、それらの中には生命、自由、幸福の追求の権利がある。
・・・・・・・



tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/117-f4822c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。