Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

JTB社員の手配ミス

JTB中部の社員
*生徒装い「遠足中止を」 JTB社員、手配ミス隠す?(朝日新聞)

JTB中部(名古屋市)の多治見支店に勤務する男性社員(30)が、岐阜県立東濃高校(同県御嵩町)の遠足で使うバスを手配し忘れ、さらにこのミスを隠すため、生徒を装って遠足を中止しなければ自殺するという趣旨の匿名の手紙を作成し、同校に届けていたことが29日、わかった。同校は手紙の内容を検討したうえで、予定通り遠足の実施を決めたが、バスは配車されず、遠足を延期した。

 同校は毎年、この時期に全校生徒が対象の遠足を行っている。今年は学年別に計317人が東山動物園(名古屋市千種区)やナガシマスパーランド(三重県桑名市)などに行く予定で、入札で落札したJTB中部にバス11台の手配を発注した。

 ところが、遠足前日の24日夕、社員が同校を訪れ「学校のポストのそばに落ちていた」と手紙を渡した。同校が内容を確認すると明日の遠足を中止しないと自殺するという趣旨で、生徒が書いた可能性があるものだったという。

 このため同校は、すべての生徒の安否を確認し、結局、予定通り遠足を実施することを決定。25日朝、生徒たちが集まっていたところ、再び社員が同校を訪れ、バスが用意できていないことを告げたため、遠足は延期になった。

 その後、同校はJTB中部に原因調査を依頼。社員が直前になって配車していなかったことに気づき、ミスを隠すため、手紙をでっち上げていたことが分かったという。早野稔教頭は「生徒がとても楽しみにしている行事で非常に残念」としている。

 JTB中部の松本博社長は「大切な学校行事の遠足が延期となり、関係者に大変なご迷惑をおかけしたことを深くおわびします」と謝罪した。(渡辺知佳、連勝一郎)

・・・・・



とんでもない社員だ!
自分の手配ミスを隠すために、脅迫まがいの手紙を出した!
30歳といえば新人ではない。
しかも、パートや派遣の多いJTBの中で彼は正社員だ。

 それにしても、なぜ彼はそんなことまでしてしまったんだろう?
バスの手配ミス・・・ここまではたまにあるだろう!旅行会社のスタッフ、添乗員であったら一度は経験していることではないか?
「アッ!忘れてた・・・・」というできごと。手配のミスだけではなく、自分の注意散漫や確認ミスからくるトラブルなどよくあることだ。そのときは、どうにかうまく処理できないか・・・とゴマカシも含めいろいろと思案するが、それも無理という結論に達したら、もう方法はひとつだけ、謝るしかないとなる。このときの「お客様への謝罪」は、誠意しかない。罵倒され殴られることは覚悟である。自分を信頼してくれていたお客様の気持ちを考えたら、それも仕方ないことである。そう謝罪まで追い込まれたときでも、最後までお客様に一番いい出口を探しているものだが・・・・。

 彼(JTB中部社員)は、バスの手配ミスに気づいたあと何をしたのであろうか?
 普通であれば、他のバス会社に連絡してでもバスを確保しようとするはずだ。でも、なかなか・・・手配できない、ということだったのだろうと思う。ならば、次にどうするか?
 支店長などに相談するのではないだろうか?
 支店長でも無理ならばもっと範囲を広げて、この際、利益を度外視して11台のバスを手配しようとするのではないだろうか?
 そういう力を一番持っているのが、JTBではないか!

 しかし、たぶんこの社員は、誰にも相談しなかったのだろう。
 でなければ、「謝罪」ではなく「脅迫」の手紙をパソコンでつくるわけはないだろう。誰かが止めるはずだ。

 なぜ相談しなかったのか? 
・・・・・
 私は・・・彼は以前からもうノイローゼだったのではないかと思う。
 その常軌を逸している行動は、まるで彼が誰かに脅迫されているようである。
 具体的に
 観念的に
 勤務先の体質に責任はないのだろうか?
 
 はっきりいえることは、お客様の胸中を察する余裕をすでに彼は持っていなかった。
 



 ・・・JTBはテレビの大スポンサーだから、この事件は今日のみ期間限定なのだろう・・・


 



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 3
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。