Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

“心に届く旅”とは?

なぜかこのような事件をテレビで取り上げていた!
今までも何度もあったと思うのだが・・・・
お客様が訴えたということが珍しかったのか?

【裁判】添乗員「頑張って帰ってきて下さい」英ヒースロー空港に置き去りにされた男性、阪急交通社を提訴
ヤフーニュースより

英空港に置き去り 仙台の男性、旅行会社を提訴
 添乗員付きの欧州ツアー旅行で英国のヒースロー空港に置き去りにされ、精神的苦痛を受けたとして、仙台市若林区の50代男性が4日までに、ツアーを計画した大手旅行会社阪急交通社(大阪市)に慰謝料など計40万円の損害賠償を求める訴えを仙台地裁に起こした。
 男性の代理人によると、同様の訴訟は珍しい。男性は「会社は責任を認め、過失のない旅行客の立場に配慮した対応をしてほしい」と強調する。
 訴えによると、ツアーには男性ら26人が参加。ことし1月、スペインやポルトガルを訪れ、ヒースロー空港で帰国手続きを取った。テロ警戒で手荷物検査が厳しく、男性と女性添乗員、女性客の計3人が無作為で選ばれ、再検査を受けた。
 添乗員と女性客は先に再検査を終え、搭乗ゲートに移動。添乗員は男性が遅れる旨をゲートの係員に知らせた後、係員の指示で成田空港行きの航空機に移った。男性も再検査を済ませてゲートに駆け付けたが、出発に間に合わなかった。
 添乗員は携帯電話で男性に「飛び立つので(男性は)もう乗れない。頑張って帰ってきてください」と伝えたという。
 男性は現地の旅行代理店を通じてホテルを予約。英語があまり話せないため道案内などのガイドを依頼し、ホテルに1泊し、別の航空機で帰国した。宿泊費やガイド代は自分で負担したという。
 被害の弁償などをめぐり、男性は旅行会社側と何度かやりとりしたが、帰国後、会社側から「会社に過失はなく、金銭の補償はしない」といった連絡があったという。
 男性側は「安全に旅行できると思って添乗員付きのツアーを選んだ。添乗員は空港に残って男性の安全確保に力を尽くすべきだった」と主張。阪急交通社の担当者は「裁判になったことは誠に残念。法廷で見解を述べる」と話している。
・・・・・・・・・・・・・・



 お客様の気持ちはよくわかる。
40万円ぼっちで訴えるとは、これではあきらかにお客側の損だ。もろもろの裁判費用を考えたら間違いなくマイナスだろう。勝てる見込みもない。もし勝てたとしても、慰謝料は40万円以下だろう。そんなことはわかっていて訴えたはずだ。
阪急交通社に対する怒り!!
これだけだろう・・・・・・・

hankyu11

添乗員の気持ちもよくわかる・・・・・
「頑張って帰ってきて下さい」ばかり強調されているが、どうしていいかわからず、それ以外言いようがなかったのではないだろうか・・・・・
最終日、最後のトランスファーだ。疲労はピークにさしかかっていただろう。思考も働かず、頭が真っ白になって口から出た言葉がこれだった!
そうではないのか?
だからこそ、機内から電話をした(よく電話ができたと思う!)。
どうにかしなくちゃ・・・と思って急いで電話した。
しかし、どうにもできず、その言葉となってしまった。

もちろん、添乗員は彼を気にしていたはずだ。
通常添乗員は機内へ最後に乗る。たぶん、彼女は彼が搭乗したのかどうか確認が取れず、もう先に搭乗しているのだろうと思い、機内へ進んだ。そして彼がまだ乗っていないことがわかったから電話した。

悔やまれるのは、どうしてそこでゲートへ戻らなかったか?ということだ。
乗務員に止められたのだろうか?
それとも、阪急という会社がちらついたのだろうか?
お客様のためと思って判断しても、後にかかる費用は間違いなく添乗員の自腹となるだろう!
そういう会社だ!







スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 4
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。