Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

右翼について 上野千鶴子さん


若者が右翼にリクルートされる現象をこう解説しました。
自分に自信があったら右翼には行かないのだが、小心で自分に自信がない若者が右翼にリクルートされるのはなぜなのか?
 上野によれば、アレクサンダー・ミッチャーリヒというフロイト左派の学者が『父親なき社会』で、なぜナチズムが成功したかを解いて、現実の父親がどんどん弱い存在になっていくと、それで世の中が穏やかになるのではなくて、その弱い父親を見るに忍びないと否定して、もっと強い父親の像を、代理シンボルとして求めるようになる。それがヒットラーだということですが、「自分に自信がなくて、弱くて、現状に不満のある人ほど、ヒーローを求める気持ちが強いわけじゃない。今、まさにあなたの話したような子たちが、右翼に吸収されていく」 という上野さんの憂いは、いま、さらに深まっていますね。
スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。