Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

アングロサクソンの食事


食がわかれば世界経済がわかる (文春文庫)食がわかれば世界経済がわかる (文春文庫)
(2008/06/10)
榊原 英資

商品詳細を見る


                        

アングロサクソンの功罪

・・・・・・アングロサクソンに特徴的なことは、物事をシステムとして捉えて効率的に支配する能力に長けていることではないでしょうか。植民地支配、プランテーション経営を最も効率的かつ狡猾に成功させたのは英国です。金融と近代資本主義のシステムを確立したのも彼らですし、産業革命によって大量生産システムを確立すると、その物量をもって市場を押さえ、戦争でも物量で敵を圧倒しました。しかし、英米とも製造業では後発国に品質で追い越され、最近では世界最大の自動車メーカーのGMまでもが、省燃費技術の立ち遅れ等でトヨタのプリウスなどにシェアを奪われ、急速に弱体化しています。
 こうした製造業の危機に対して、アメリカは思い切った産業構造の転換をはかっているようです。それは、ヘゲモン(覇権国)として、資本主義のシステムやルールを自国に有利な方向に変更し、モノづくりでは劣勢になっても金融の力で利益が上がるようにするというものでした。ニクソンショック、プラザ合意、金融ビッグバン、BIS規制による世界的な金融ルールの変更やIT技術を駆使した金融の技術革新などです。世界経済の仕組みそのものを自国に有利なシステムにパラダイムシフトする構想力には、抜きん出たものがあります。また自国のシステムをグローバルスタンダードに仕立てあげ他国に輸出する政治力も強烈です。

 しかし、そうしたシステマチックな手法を「食」の分野にまで持ち込んできたことで、世界中に大きな問題を引き起こしています。それがファストフードです。
一九世紀から二〇世紀にかけての「食」のエポックの一つをフランス料理の完成とすれば、もう一つのエポックはアメリカによるファストフードの展開と言えるでしょう。
 大恐慌後の一九三〇年代に入ると、自動車産業のフォードなど製造業で本格的な大量生産の技術が生み出され、工業製品の価格低下と普及が急速に進みます。機械製品の大衆化をきっかけに世界は本格的な工業化時代に入り、その中でトップを切ったことで、二〇世紀の後半、第二次大戦以降は「アメリカの時代」になっていきました。
 この二〇世妃後半になると、「食」の面でもアメリカが次々にイノベーションを行って、世界の食文化を変えてゆきます。とりわけ工業における大量生産の手法を農業と食品にも持ち込み、それによって生まれた食文化がファストフードです。
「ケンクッキーフライドチキン」の創業者、カーネル・サンダースが自分の店「サンダース・カフェ」を開業したのが一九三〇年。お金をとってレシピを広め始めたのが一九五〇年代初めのこと。
 ほぼ同じ一九四八年にはマクドナルド兄弟が、カリフォルニア州に開いたドライブインを改装して、現在につながる「マックバーガー」を始めます。
一方、飲物版のファストフードとも言うべき「コカ・コーラ」はかなり早く、一八八六年にはジョージア州のアトランタで創業しています。
 アメリカは基本的に食肉文化ですけれども、ステーキは庶民にとっては高いから、大量生産のハンバーガーが広まりました。それがマクドナルドです。アメリカが世界経済の主導権をとると、食の世界もファストフードが主流の時代になって、マクドナルドやケンクッキーフライドチキンといったファストフード産業が世界に進出してゆきます。
 ハンバーガーに代表されるファストフード、大衆向けの人工飲料であるコカ・コーラなどをつくり出し、原材料となる肉牛やブロイラーなどの家畜の大量生産の仕組みを作り、スーパーマーケット、コンビニエンスストアという大量販売の小売の仕組みを作ったのもアメリカです。




 アメリカは、アングロサクソン主導でつくられた国といっても、世界中から多くの移民を受け入れているわけだから、もう少し食事が美味しくてもいいと思うが、どこで食べてもあまり旨くはない。どこの移民もアメリカへ来ると味覚を気にしなくなるのかもしれない。
 家庭料理も、レストランも、至って大雑把な味だ。ちょっと町で評判のレストランで、自信満々の笑顔で運ばれてきた料理はそう美味しいものでもない。
 ファストフードのように手っ取り早いとか、紅花オブトーキョーのようにシェフがかわったパフォーマンスをするとか、お鮨のようにヘルシーとか、味そのものに価値など見出さないのがアメリカなのだろう。

 異文化交流ということで、日本からアメリカへホームスティへいく。
 ホストファミリーは、博愛的スマイルで、われわれを家族の一員に迎えてくれる。
 ただ、食事はけっこう苦痛だったりする。
 小中学校時代の学校給食のほうが美味しいのではないか?

 






スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 1
go page top

添乗員のアメリカ

 
 添乗員になって世界中を旅したい!

 そのなかには、とうぜんアメリカ合衆国も含まれることだろう。
 そして、そういう者たちは、添乗員になって間もなく、アメリカへは行けないことに気づくだろう。


 わたしの先輩添乗員のころはまだ、憧れ!のアメリカの添乗員付きパックツアーはかなりあったらしい。
その後、アメリカのパックツアーのほとんどは、添乗員のつかない1都市滞在型になった。
現地係員対応でその都市を基点にオプションで近郊へエクスカージョンするだけである。
唯一の添乗員付きが、ナイアガラとグランドキャニオンとニューヨークを周遊するツアーだけであった。
だから、かなり経験のある添乗員でも、アメリカへ行ったことのない者がほとんどである。

 どうしても添乗員としてアメリカへ行きたければ、パックツアーでなく、手配旅行(受注型企画旅行を含む)として行くしかない。
とくに、企業関係の視察では、パックツアーとは逆に、アメリカがダントツに多い。
近年のアメリカの凋落とともにかなり減ってきたとはいっても、まだ、コンピューター関係を中心に、アメリカの近代文明に教えを乞おうとする日本企業が多いようだ。
こういう企業ツアーでは、ナイアガラやグランドキャニオンという観光地へはなかなか行けないのではあるが、逆に、日本企業が駐在しているような聞いたこともないアメリカの地方都市を訪問することができるかもしれない。それこそ、雑誌や映画に登場するハリウッドやニューヨークではない本当のアメリカ人を見ることができるかもしれない。

 わたしは初めてそういう地方都市を訪れたとき、今まで日本のテレビで見たこともないローカルな人々にビックリした。
容姿は美しいとはいえず教養もなく田舎っくさい・・・・

 自分のなかで神格化し恋焦がれている女性と初めてデートしたときに、その女性が、「プーーッ!」とおならをしたときのような感じだろうか。

 考えてみたら、ごく当たり前の現実なのだろうが、自分自身の頭のなかで、どんどんと理想化して、それが崩れてしまったら、ツキモノが落ちたような感覚になる。

 最近では、そちらがアメリカ人そのもののように思えてきた。新聞をにぎわすアメリカ人はほんとうのアメリカ人ではないのではないかと。

 そしてもうひとつビックリしたことは、アメリカのサービスやインフラのいい加減さであった。

 道路などけっこうデコボコしているし、ゴミもけっこう散らかっていたりする。
 添乗に関していえば、手配しているバスは時間を守らずけっこうな頻度で遅刻してくる。ホテルもひどい。フロントの適当さは、ヒルトンなど一流ホテルでも一般的だ。ホテルやレストランで予約が入っていないといわれたことは1度や2度ではない。アメリカの空港や航空会社の職員の無能さは世界トップクラスだろう。

 これも、「アメリカは世界のリーダーであり、日本の指標」と長い間すりこまれてきたせいで、その期待とギャプゆえそのように感じるのかもしれない。

 
 旅行において、目から鱗が落ちるようなギャップこそ、旅行者冥利につきるはずである。
 そういう意味で、アメリカはオススメかもしれない。
 
 これも驚きである!

全部で21flvまであります。是非ユーチューブを開いて全部視聴することをおすすめします。





tb: 0 |  cm: 0
go page top

拒否できない日本

 マスコミは、民主党の鳩山政権や小沢幹事長のことに関しては何が何でも批判の対象とするが、ことアメリカに関しては批判してもおかしくないような出来事でも全く批判することはない。

 先日、テレビ朝日の報道ステーションをちらっと見たとき、沖縄の普天間基地がどれだけ危険なのかということをレポートしていた。どれだけ街中に基地があるのか!という映像にはその危険度がヒシヒシと伝わってきた。その後、この普天間は、夜間10時以降の飛行が禁止されているのに、そんなことお構いなしで、米軍は離発着しているのだ!ということを近所の住民の切実な声として伝えていた。アメリカの横暴さにあらためて感じ入りながら、このあと、いつもねっちっこい具申をする古館キャスターは何とコメントするのかなあ?とおもっていたら、コマーシャルになった。そのコマーシャルに驚かされた。アメリカの有名な保険会社のCMであった!CMのあと、画面の中央で映し出された古館キャスターの次の言葉に再び驚かされた。
「さあ、次のニュースは・・・・・・・・・・」
コメントなし、である!

中国に関しては、ちょっとしたことでも、すぐ「日本政府は、・・・・・中国政府に抗議いたしました。」となるくせに、アメリカに関しては、政府は何も言わなければ、マスコミはもっと何も言わない。いや、反対に、「アメリカに抗議されていますよ!どうするんですか!」などと相手国の旗振役となっている。


『拒否できない日本』関岡英之著 文春新書(平成16年4月刊)より

 勝ちさえすればすべてが正当化される

 アメリカ人は競争に勝つことにしか関心がなく、勝ちさえすればすべてが正当化されると思いこんでいる。それは自己に対して極めて甘い反面、社会的弱者に冷淡で、他者に対して独尊的に振る舞う傾向をはらんでいる。
 こんにちアメリカは、国内や途上国の真因や格差といった問題を無頓着に放置し、他方では自国の主張を他国や国際社会に一方的に押しっけるユニラテラリズムや、他国を厳しく批判しながら自国に都合良くルールを曲げるダブル・スタンダードを批判されながら少しも改めようともしない。そして「勝った、勝った」とひとり熱狂する。こうした自己中心的な行動パターンには、アングロ・サクソン特有の個人主義の思想的伝統がおおいに関係しているように思う。
しかし不可解なことに、アメリカ人は自分たちの価値観は民族性や歴史的文脈とは無関係の、世界に普遍的な真理だと信じこんで競おうとはしない。その大きな理由のひとつとして、社会主義の崩壊現象が「自分たちの正しさが証明された」とアメリカ人に自信を抱かせたことが挙げられている。
 だが冷戦期間中は同じ資本主義陣営に属して一杖岩だと思われていた日本やヨーロッパ大陸の、しかもその中枢から、アメリカとは異なる価値観が主張されるようになったのは、むしろ社会主義崩壊後のことである。



・・・・・・・・・・・・・ブッシュ・ジュニアはこのときわざわざ「キョーソー」と日本語で発音してみせてくれた。アメリカ人が白頭の内部で死ぬまで競争し合うのは勝手だが、よその国の国政の殿堂に乗り込んできて壇上から「あなたがたも、もっとキョーソーしなさい」と言わんばかりの威勢のいいお説教を垂れるのだから恐れ入るほかはない。
 ヨーロッパ大陸でも、イスラーム圏でも、地球にはいま、怨嗟の声が満ち満ちている。
 あこぎな競争に躍起となり、ひたすら勝つことばかりに血眼になっている浅ましきアメリカ人よ。いまよりもっと贅沢をしたいのか。これ以上いったい何を望むのか。もう、充分ではないか。わたしたちはつき合いきれない、放っておいてくれ。頼むからこの小さな惑星の静謐を掻き乱さないでくれ。
 そんなヒマがあったら頭を冷やして、おのれがつくりあげた国の内側を、じっくりと見渡して見るがいい。ユネスコに登録された世界文化遺産は、アメリカ先住民の遺跡、フランスから貰った自由の女神、トマス・ジェファソンが建てたバラディオのイミテーションぐらいしか存在しない。あとはそれこそペンペン草も生えていないではないか…‥・と。



 関岡氏の指摘したように、アメリカの世界遺産(文化)と呼べるようなものは何もない。アメリカ人が土地を奪い蹂躙した先住民族が残したものがほとんどだ。まだ、アメリカと呼ばれる以前の先住民族が残したものだ。だから、ある意味、今のアメリカ人たちにとっては、世界自然遺産に近いものにちがいない。アメリカの遺跡と呼べるものは、ほとんど自然に存在したものなのである。彼らのような価値観からは、文化的なものが生まれてこないということかもしれない。
 何百年後、アメリカに生まれてくる文化遺跡があるとすれば、「強欲資本主義」の廃墟としての『ウォール街』や『シカゴ大学およびマーカンタイル先物取引所』かもしれない。


*アメリカの世界遺産(文化遺産)

メサ・ヴェルデ - (1978年、文化遺産)
 1世紀の先住民族の集落遺跡
Mesa_Verde_National_Park.jpg

独立記念館 - (1979年、文化遺産)
 1776年、フィラデルフィアにある独立宣言した際の建物
independence_hall.jpg

カホキア墳丘群州立史跡 - (1982年、文化遺産)
 12,3世紀の先住民族の遺跡
mound.jpg

プエルトリコのラ・フォルタレサとサンフアン歴史地区 - (1983年、文化遺産)
 アメリカの植民地プエルトリコのスペイン統治時代(16~19世紀)の旧市街地
puertorico.jpg

自由の女神像 - (1984年、文化遺産)
 1886年フランスから贈られた。
new-york-statue-of-liberty.jpg

チャコ文化国立歴史公園 - (1987年、文化遺産)
 10~12世紀の先住民族の遺跡
チャコ

シャーロッツビルのモンティセロとバージニア大学 - (1987年、文化遺産)
 3代大統領トーマス・ジェファーソンの邸宅と彼が建てた大学(19世紀)
monticello.jpg

プエブロ・デ・タオス - (1992年、文化遺産)
 11世紀頃からの先住民族の住居
taos_pueblo_house.jpg

tb: 0 |  cm: 0
go page top

オーストラリアのパース

 先日、兼高かおるさんのことを書いていて想い出した町がある。
 オーストラリアのパースである。
兼高かおるさんは、1969年に放送された『兼高かおる世界の旅』で、オーストラリアのパースののことを、「リタイアしたあと、もっとも住みたい町」として紹介したらしい。
それ以前に彼女は、いろんな方から、「日本は住みにくくなったからどこかいい場所はないものか?」と訊ねられることが多かった。
だから、その応えを探すことも、世界をまわるひとつの目的としていたらしい。
そして、ここなら!と思える場所が見つかった。
 それが、オーストラリアのパースである。

 兼高かおるさんがそのように言ったのは1969年であったが、その後、その文言は、日本中を一人歩きしたようで、今に至るまで、いろんな場所で、いろんな機会に、「あの兼高かおるが、もっとも薦めたパース!」という言葉を聞くようになった。

 わたしは1969年の放送を目にしたことはないが、「兼高かおるがそう言ったパースへ一度行ってみたいなあ・・・」と思うようになった。
 
 はじめて、パースを訪れたのは、添乗員としてだった。
わたしの頭の中には、兼高かおるさんの言葉がこびりついていた。ただ、その言葉だけがこびりついただけで、兼高かおるがパースのどこをみて一番いいといったのかをまったく考えていなかった。パースの知識をもっていなかったのだ。

 添乗員としてのパースだから、たかが2泊程度で、観光名所を訪れるだけである。
だが、それだけでも、兼高かおるさんの言ったことに、なんとなく納得できるのである。
なんか居心地が良い街なのである。気持ちの安らぐような空間があるのだ。

 この後、その居心地の良さを確認したくて、個人的にパースへ行った。
やはり、とてもいい感じである。街の規模がちょうどいい感じなのである。川や湖や公園などの自然と建物や人間とのバランスがピッタリのような気がする。歩ける範囲で収まるダウンタウン、シックな街路樹と街灯、郊外への散歩はレンタカーで十分だ(日本と同じ左側通行で道も広い)。
 あと、歴史浅く、ヨーロッパやアジアから多くの移民たちが移り住んでいることに、気安さを感じるのかもしれない。

 

 兼高かおるさんは、その後何度もパースを訪れている。
そして、『わたしが、ああ言ったことに、悔いはありません』と言っている。

 1969年この地を訪れたとき、一番印象的だったのは空の青さでした。取材スタッフが空を見上げて歓声を上げて、
 「空ってこんなに青くて、こんなに澄んでいて、こんなに清らかなんですか!」
  
           『私の好きな世界の街』 兼高かおる著 新潮社


 









tb: 0 |  cm: 0
go page top

パタゴニア

2月ももう終わりだ。
そう思って、ルックJTBのカレンダーをめくろうとしたら、美しい氷河が2月の写真として掲載されていた。
あまり意識してカレンダーを見ていなかったので、どこの風景なのか気にしていなかったが、あらためてこう見ると、ほんとうにすばらしい大自然だ。
 
 氷河は、南米、パタゴニアのペリト・モレノ氷河だ。
長い間、地の果てのようにおもわれていたパタゴニア。南米の最南端、チリとアルゼンチンにまたがる地域である。
そのチリやアルゼンチンの人々でさえ、地の果て!のように言っていたパタゴニアが、今、すばらしい観光地として、世界中の観光客を魅了している。
 
 観光化されて秘境気分があまり味わえなくなった淋しさはあるが、そういう人は、個人旅行で、真冬に行けばいいだろう!さすがに、真冬にこの地域を訪れる観光客はいない。とくに、西欧人は、季節に敏感に反応する。
 まあ、安全に観光するのであれば、パッケージツアーで、夏(1,2,3月)に訪れることをすすめる。日本から遠く離れた地域で、コントロールのきかない大自然が主な観光資源だけあって、いつどんなトラブルがあるやもしれない。予定どおりいかない確率のほうが多い地域である。日程が限られるのであれば、パッケージツアーが「ベストでなくベター!」だろう。

 そういうパッケージツアーのお客に、一言だけいっておこうと思う・・・
 パタゴニアでは、お客が神様ではなく、大自然こそ神様である!
あなた方お客さまが、自然に合わせていかなければならない。それほど、人間という生物が小さく感じる。

 そういう大自然として、ペリト・モレノ氷河は存在する。
だからなのか、それを見たい観光客は、観光客自身でそれを見なければならなかった。見たい者が、氷河の近くまで行ってそれを見る。そのため、何人もの人が、氷河の崩落の波に飲み込まれて死んでいった。事故の絶えない場所になってしまった。さすがに、今では、安全のため、これ以上先へ進めないよう手すりを設けている。

* Le Glacier Perito Moreno en Patagonie argentine ペリト・モレノ氷河ツアー
 
 ペリト・モレノ氷河の特徴は、その成長力と移動速度である。大量の降雪量と斜角により、下降する速度が速くなる。そして、大量の氷柱が、湖や水道へ崩落する。よくいわれるのは、30階建てのビルに相当する40メートル近い氷柱が、轟音と振動とともに崩落する。
 その崩落のなかでも、とくに大きいものを「大崩落」といっている。何年かに一度起きると言われている「大崩落」がある。近年では、2006年夏、2008年の冬に起きたようだ!果たして、次はいつなのだろうか?

 『希望の大地 パタゴニア』藤井正夫著より 1996年発行

 モレノ氷河が見せるスペクタクルのハイライトは狭い水路に掛かった氷のダムが決壊するときだ。これはテンパノ水路と呼ばれる幅700メートルのフィヨルドの対岸に氷河が乗り上げ、湖を遮断して自然のダムを構築する。そのため南側のリコ水道は水の出口を失い水位が上がり、やがてダムは水圧と侵食に負けて一挙に決壊する。この自然の大スペクタクルは3年から4年に一度、夏に起こり、そのつど多数の人々が見物に駆けつける。
 最後に氷のダムが決壊した1988年1月17日には8000人の群集が集まり、テンパノ水路の東岸は人波で埋め尽くされた。カラファテ市長は臨時休日を宣言し、2台のバスを仕立てて市の職員と家族を運んだという。もちろん住民も総出で駆けつけ、街は完全に空になった。
 氷河が水路をせき止め、湖を分断するようになったのは今世紀に入ってから。1899年には氷河の先端は岸から750メートル離れていたといわれ、1917年に初めて対岸と接触したがまた分離した。1934年末、再び氷河は岸に接し、今度は後退するどころか逆に成長。1939年の冬には幅300メートルにわたって湖をせき止め、リコ水道沿岸を水没させた。
 そして1940年2月、最初のダムの決壊が起きた。それ以来、氷河の進行とダムの形成は恒久的となり、定期的に決壊するようになった。決壊前の水位差は最高38メートルに達したこともあるが、通常20メートル前後で水圧が氷壁を圧迫し、水の浸食が下部の割れ目を広げる。やがて水面下に穴ができ、そこを伝わって流れ込む水が氷を削って洞窟になる。最後は上部のアーチが轟然と崩れ落ち、無数の流氷と氷山を含んだ大量の水が大波を起こして雪崩込む。その間、早いときで一日半、普通は4,5日かかるという。
 だが、パタゴニアも近年、暖冬が続き、アンデスの積雪量は大幅に減った。そのため1988年にダムが崩壊したあと、冬に対岸に達してできた氷の橋も夏には崩れ、8年たった今でもダムは構築されていない。




Glaciar Perito Moreno (Argentina)




 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。