Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

てるみくらぶ倒産!

「てるみくらぶ」がついに倒産。

3月27日、社長の記者会見をみた。

会見のなかで、気になる言葉があった・・・
社長の言った「安全確保の観点から・・・」という言葉。
2回使った!

“ホテルや現地手配会社などへの支払いが滞っているため〈安全確保の観点から〉お客様には渡航しないことをお勧めします・・・・”

旅行会社にとって「安全確保」は特別な意味を持つ。
「安全確保」とはつねに「義務」をともなう。
ツアーがスムーズに進行できるよう常に想定できるリスクを取り除く「努力義務」を旅行会社は負わなければならない。

記者会見の場で「安全確保・・・・」と使うのなら何でもっと早く「安全確保」しなかったのだろう・・・
このような事態になることは想定できただろう?
現地で立ち往生し不安でいっぱいのお客が多数いるのだ。

旅行会社自体が「安全」でなく「危険」を確保してしまったのに、この記者会見の場で、「安全確保の観点から・・・」という言葉を安易に社長が使ったことになにか違和感を感じる。
しかも、「渡航しないことをお勧めします・・・」と。
外務省の危険情報じゃないのだから、責任者として「中止願います」ではないのか?

下記動画では、7分30秒あたりから10分まで


今回の倒産は被害者が多すぎる。
旅行会社がJATAに預けてある供託金からの弁財は一般のお客様優先である。
しかし、あまりに被害者が多すぎるためほとんど返金されないだろう。
ましてや、ホテルや運送機関、レストラン、手配会社など関係機関は一銭も返ってこないはずだ!

中小の旅行会社には悪いが、このような騒動を見るにつけお客にとってはやはり大手の旅行会社がいいのかなあと思ってしまう。
大手の旅行会社なら間違いなく救済措置が取られるだろう。
以前は大手と中小では旅行代金は大幅に違っていたが(大手のほうが高額)、いまは大手でも中小に負けないぐらいの格安商品を販売している。
数千円の違いだったりする。
数千円高い大手旅行会社の価格を保険料だと思えるかどうか?

数千円が妙に気になるのだ・・・・
無事で帰ってきたとき保険料をばからしく思えたりする・・・



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ヨーロッパでも見かける「てるみくらぶ」

驚き!最近ヨーロッパで見かける「てるみくらぶ」

terumi 1


 エイビーロード等旅行情報誌にてハワイやグアムなど身近な格安リゾートツアーを大量に生産していた「てるみくらぶ」・・・
 いつのまにかヨーロッパまで足を延ばしていた!

 旅行業界は毎年こう言う…

 低価格競争の時代は終わった!
 個性あるツアーをお客様は求めているのだ!

 しかし、現実は違った。
 「てるみくらぶ」だ!
 個性どころか格安中な格安!格安の帝王[てるみくらぶ]!

 そして、この会社…
 昔も今も評判は芳しくない。

 格安旅行会社の宿命なのか
 社員も添乗員もリスクに鈍感にならないとやってられない・・・・・
 そして、お客も……
 



tb: 0 |  cm: 1
go page top

運転手に覚醒薬を!

きのう高速バスに乗った。
座席は運転手の真後ろ1cだ。
車内の温度、湿度とも快適そのもの・・・
睡魔が襲ってくる心地よさ・・・
そう!
私の目に下を向いた運転手の姿が・・・
バックミラー越しに・・・
寝ている?
寝ている!!

私は足で前のボードを蹴った。
彼はビクッとしたように顔をあげた。

単調な高速道路の運転。
その後、運転手が危ない場面は2度ほど・・・
大きく咳払いをした。
そのたびに大きく見開いた目とバックミラー越しで見つめあった。

最大手のバス会社だ。
もちろん国交省の監査に引っかかる違法会社ではない。
運転手の健康診断だってちゃんとやっているだろう。

人間、健康だって眠くなることはあるだろう・・・
何か悩み事があれば前の晩眠れないことだってあるだろう・・・

こうなったら、健康である必要はないから、運転中、覚醒する薬でも飲んでもらったらどうだ!
そういう職業があったっていいのでは?
ねえ!清原さん!!






tb: 0 |  cm: 0
go page top

シートベルト着用呼び掛け

シートベルト着用呼び掛け=事故受け、ツアーバスに-警視庁
(時事ドットコム)

 長野県軽井沢町のスキーバス転落事故を受け、警視庁交通部は29日、東京・新宿のバスターミナル近くで、乗客らのシートベルト着用の徹底を促すため、貸し切りツアーバスを対象にした交通指導を行った。
 ツアーバスなどは道交法で、乗客にもシートベルト着用が義務付けられている。
 金曜日の夜、ターミナル近くの路上には全国各地に向かうツアーバスが多く集まっていた。警察官が出発前のバスを停止させ、運転手に車内放送でベルト着用を呼び掛けるよう促したり、チラシを配ったりした。(2016/01/29-22:50)

 軽井沢のバス事故でドライバーはシートベルトの案内をしていなかったと報道されていた。たぶん参加者の一人から「案内がなかったような気がする・・・」とでも聞いたのでは?ふつう、高速バス、ツアーバスではシートベルトの案内がある。タクシーでも案内がある。飛行機のシートベルトのようにCAが「シートベルトをお締めですか」と確認にこそ来ないが案内はある。案内さえすれば、ツアーの主催者は安全確保義務を果たしたことになる(口頭と掲示板両方がいい)。万が一、シートベルトを締めなかったことによる事故が起これば、その責任は主催者と参加者で相殺されてしまうだろう。
 案内があっても、ほとんどの参加者が締めないシートベルトはそういう意味がある。
 警視庁や国交省が声高にいう「シートベルト着用」は裏を返せば『締めなかった場合は自己責任ですよ!』と私には聞こえてしまう。

 シートベルト。もちろん締めないより締めたほうがいいだろう。
事故統計に出ている。
ただ・・・あの御巣鷹山の日航機事故の犠牲者のように、シートベルトが外せなくて息絶えてしまった例だってある。
いざという時のためにシートベルトをちょん切る枝切りハサミを持参するのもいいかもしれない。
ただ飛行機は無理か・・・




tb: 0 |  cm: 0
go page top

野良犬が懐かしい・・



私が子供のころ、野良犬があちこちにいてそこを通り過ぎるのが怖かった。
今は飼い主と散歩する犬しか見なくなった。
しかし、なんで飼い主と犬ってよく似てるのだろうか?

野良犬が懐かしい・・・・


tb: 0 |  cm: 0
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。